当園の保育

どんな時も子どもを真ん中に

  1. HOME
  2. 当園の保育

思いのままにあそぶ

あそぶ・・・ 思いのままに
午前中は、一人ひとりが心のままに遊んで自由に過ごす「あそびの時間」。2歳児以上は、何を、どこで、誰とするかを子ども自身が考えて、決定します。
例えば、散歩に行きたい子ども同士でどこに行くのかを決めます。部屋で制作をしたい、園庭で遊びたい、絵本が読みたいなど、遊びの種類もやり方も子どもが決めます。もちろん、すべてできるわけではありませんが、保育士はできる限り子どものやりたい!がかなうようサポートします。
園庭でも散歩先の公園でも室内でも、0歳児から5歳児が入り交じって遊ぶので、異年齢間の交流も見られます。

ロールマット

一日の流れ

年長の時間

大切にしていること

給食はランチルーム

外部講師から学ぶ