当園の保育

どんな時も子どもを真ん中に

  1. HOME
  2. 当園の保育

食べる力を育む

おいしく食べることを中心に食育にも力を入れています
子どもたちの「食べる力」を育むために、給食を中心にさまざまな取り組みを行っています。
▮給食
給食は、栄養を摂取するだけでなく、食べ物に対する興味関心を育んだり、食べること自体の楽しさを経験したり、食事作りや準備を体験したりする場としてとらえます。苦手な食材を無理やり食べさせたり、食べ方や姿勢を過度に注意したりせず、食べたいという意欲を大切にします。
また、調理職員は調理室で調理を行うだけでなく、子どもたちに交じって給食を食べたり、クッキング(調理実習)を行ったりするなどして、直接子どもたちと関わりながら専門的な視点で食育を支えています。
▮野菜の栽培
毎年、野菜栽培を行っています。自分たちで育てるという経験によって、苦手だった食材を食べられるようになったり、食べ物のありがたさを体感したりします。育てた野菜をどう料理するかを子どもたちと話し合って決めることもあります。
▮クッキング
年長児は毎月クッキングを行います。何を作るかは子どもたちと相談して決めます。食材に触れて手触りやにおいを直に感じたり、調理を経験したりして食べる力を育みます。
これまでに作ったもの:季節のフルーツパフェ、肉まん、大福、栗きんとん、ピザパン、ジャム、梅シロップ、干し芋など

ロールマット

一日の流れ

外部講師から学ぶ

布パンツ布おむつ

給食はランチルーム

年長の時間